フェルメール展の基礎知識|作者・作品の特徴と人生をざっくり解説【ヨハネス・フェルメール】

「美ゼミ」のみなさんこんにちは!

あーとん

あーとんだの。

今日はみなさんに、
展覧会が楽しくなる知識をご紹介します!

 

びーさん

え〜…展覧会とか難しそうなんだけど…

あーとん

なかなか「展覧会大好き!」という人は多くないかもしれないの。でも話題になると気になるという人もいるのではないかの。

びーさん

夏休みにレポートの宿題が出て見に行くことはあるよ。

あーとん

そうだの、宿題になるときもあるの。そういうときに「ただ見るだけ」と「ポイントを予習してから見る」のでは、感じることの多さが全然違うんだの。

 

あーとん

今回は、これを知っておけば鑑賞しやすいというポイントを教えていくの。

 

展覧会の魅力を知って、
せっかくの「鑑賞チャンス」を
逃さないようにしましょう!

 

今日のめあて
フェルメール展の魅力を知り、自分が鑑賞してみたいところを見つけよう

 

あーとん

自分が見てみたいところを探すのが、鑑賞に対して前向きになれるコツなんだの。

自分だったらどの作品のどこを見てみたいか、
考えながら記事を読み進めてみましょう。

 



 

フェルメール展の概要(ここがすごい!)

 

 

まずはフェルメール展が
いつ・どこで行われるかチェックしましょう。

 

2018年10月5日(金)から
2019年2月3日(日)までは
「上野の森美術館」で、

2019年2月16日(土)から
2019年5月12日(日)までは
「大阪市立美術館」です。

 

びーさん

国内で2箇所、順番に展示されるわけだね

 

『フェルメール展』が
力を入れてPRしているのには
理由があります。

 

それは、作品数が過去最多だからです。

 

あーとん

フェルメールの現存している作品は、画家としては非常少ないんだの。その数、35作品。作品数の多さで知られるピカソなら、数年で描いてしまいそうな枚数だの。

 

日本での美術展では史上最多となる
9作品が東京に展示されます。

フェルメールの全作品のうちの1/4
日本に集まることになります。

これは、欧米の主要美術館が
特別に貸し出してくれたことで実現したそうです。

 

びーさん

なんで貸してくれるのが「特別」なの?

あーとん

さっきも話したように、フェルメールの作品は全部で35作品しか現存していないので、とても貴重なんだの。

その上、1970年代以降にフェルメールの作品が次々と盗まれる事件が発生したんだの。人気作品は高く売れるからの…。

びーさん

え!こわい!!そりゃ貸したくないよね…

あーとん

そうなんだの。だから、破損や盗難を防ぐためにも、ルーブル美術館などの大手美術館は、貸し出しを渋る傾向があるんだの。

今回、日本に作品貸してくれたのは、近年の日本の展示や警備の状況が「安全だ」と認められたからなんだの。

びーさん

へー!なんかすごく珍しい展示ってことだね!ところで作品はどんな感じなの?

あーとん

それは次ページで説明するかの。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です