手のデッサン上達のための対策!上手くなる練習法は?【定期試験・中学美術】

あーとん

「美ゼミ」へようこそ!あーとんだの。

あーとん

今回はリクエストの多かったテスト対策のひとつ、“手のデッサン”の対策をご紹介するんだの!
今日のめあて
デッサンが出題される理由を知り、練習のポイントを学習して、実際にやってみよう

 

このブログを読みに来た人は
きっと定期試験にデッサンが出題されるので
困っているのではないかと思います。

 

どうして「手のデッサン」が
出題されるのかという理由から

あーとん特性の裏技(?)もご紹介するので
試験前にぜひ練習してみてくださいね!

 

 

 

どうして「手のデッサン」が試験に出るの?

 

そもそも中学校の美術科には、
定期試験(定期考査)が
実施される学校と
実施されない学校があります。

 

その学校の校長が
テストの有無を決める場合もありますし、
美術科の教員が決めている場合もあります。

 

ちなみに、
学習指導要領(教え方の法律のようなもの)が
平成33年度(令和3年度)に改定となります。

 

評価の基準もガラリと変わりますが
特に中学生のみなさんに知っていて欲しいのが
「知識・技能」という評価項目ができることです。

 

あーとん

今回はこの辺りはあまり詳しく解説しないんだの。でも、特に令和元年度以後に入学した新入生さんは、「知識」が美術科にも評価として加わることは知っておいた方がいいんだの。
え!今まで「知識・理解」っていう評価は、美術や音楽にはなかったよね?!

びーさん

 

「知識」を評価する必要が出てくるため、
これまで美術の定期考査が
実施されなかった学校でも

おそらく、この改定のタイミングで
定期考査が新設されるのではと
予想しています。

 

あーとん

だからこそ、今のうちに美術のテスト対策の1つ、デッサンを知っておいてほしいんだの。

 

定期試験(定期考査)が
実施される学校の場合、

よく実技問題の課題として
出題されるのが

「手のデッサン」です。

 

でた〜!苦手だよ〜〜〜。授業の作品もそんなに上手くないのに、テストでも絵を描かなきゃいけないなんて本当につらい!

びーさん

あーとん

びーさんみたいに「なんでテストでもデッサンなんだろう」と思う人は多いかもしれないの。これにもきちんと理由があるんだの。

 

理由① モチーフを用意しやすいから

定期考査の場合、教室で試験を受けますよね。

モチーフを配ってそれを描いてもらうとしたら
例えば1学年の人数が100人以上いると、

それだけでモチーフを
100個以上用意しなければなりません

あーとん

モチーフがビー玉1つだったとしても、100個も必要なんだの。100均で買おうとしても、10個入りのビー玉なら10袋・・・1回のテストで1000円以上の経費がかかってしまうんだの。
そっか・・・テストの度にお金がかかっていたら困るよね。

びーさん

公立学校の場合、学校の経費は
その地域の税金でまかなわれています

そのため、「たかが1000円」でも
なかなか許可が降りないものなのです。

 

それに比べると非常に簡単なのが
モチーフを各自が用意できる
ということなのです。

あーとん

あーとんは、「テストの日に通学路で石を拾って来なさい」という指示をだした先生にも会ったことがあるんだの。
え!拾うの忘れちゃったらそれだけでデッサン点が0点になっちゃうんだ?!

びーさん

あーとん

そうなんだの。なので、「忘れた人も0点にならない」ために、誰でも100%忘れることがない「手」を課題にした方が確実なんだの。
なるほど〜。だから「手」なんだ。

びーさん

 

理由② 技術力がわかりやすいから

手をモチーフにするのは、
もちろん、用意しやすいからだけでは
ありません。

あーとん

手のデッサンは、技術力がとてもわかりやすい題材なんだの。

具体的な例でいうと、
美術大学の入試にも
手のデッサンは用いられています。

美術大学の入試に出されるのは

  1. 形状の正確さ
  2. 質感表現
    (手の柔らかさ・骨っぽさの描きわけ)
  3. ポーズの美しさ
  4. 構図の工夫

などの観点がよく見えるからだと
考えることができます。

ただ手を描くだけでも、いろいろな力が分かるんだね。

びーさん

 

理由③ 簡単すぎないから

先ほど、美術大学の入試の作品を
紹介しましたが

ここからも分かるように
「簡単に描けるモチーフに見せかけて奥深い」のが
手のデッサンなのです。

あーとん

多摩美術大学のグラフィックデザイン学科の試験だと、手のデッサンの試験は6時間なんだの。
ろっ・・・6時間?!

びーさん

6時間も描き続けられるということは
それほど工夫できるところが多い
ということなのです。

 

では、そんな身近な「手」ですが
どうして美術大学で出題されるくらい
描くのが難しいのでしょうか?

次のページでは
難しいと感じる理由を解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です