美術の評価が変わるのはいつから?新学習指導要領(平成29年度改訂版)の実施開始

あーとん

こんにちは!あーとんだの。

今日は中学生さんには知っておいてほしい「新学習指導要領」のことについてお話しするんだの。

難しそうな言葉が出てきたー

びーさん

難しい言葉に感じるかもしれませんが、中学生の皆さんにはとっても大事なことなので、2021年度(令和3年度)の開始までに必ず、チェックしておきましょう!

[PR]

新学習指導要領=評価が変わる!

学習指導要領って何?

あーとん

中学生の皆さんは「学習指導要領」って何か知っているかの?
なにそれ…難しそう…

びーさん

学習指導要領は、とっても簡単にいうと「授業で何を教えなければならないかを定めた法律」のようなものです。

文部科学省が定めているので、実は日本全国、共通しています。

 

学習指導要領って?
公立の幼稚園・小学校・中学校・高等学校で、どんなことを教えなければならないかが書いてあるもの。先生たちはこれに合うように授業をつくっていっているんだよ!

 

どんな力をつけてほしいか、何ができるようになったらokかが書かれているので、先生たちはこの「学習指導要領(がくしゅうしどうようりょう)」に合うように、評価や評定…つまり、成績をつけています。

逆にいえば、学習指導要領の内容を知っていれば、教科ごとの目標がわかるんだね!

びーさん

あーとん

そういうことなんだの。でも、残念ながら中学生さんたちにはちょっとむずかしい言葉が並んでいるので…先生たちは生徒のみなさんにもわかるように、年度初めの「オリエンテーション」で、どんなふうに評価・評定をつけるかを噛み砕いて説明する場合が多いんだの。

 

年度初めに、「どんなところを見て評価・評定をつけるのか」を、必ずよく聞いておこう! 先生や学校によって見るポイントが微妙に異なる場合が多いです。

 

ちなみに、新学習指導要領を読みたい人は、文部科学省が公開しているので、簡単に見ることができます。

【文部科学省】学習指導要領解説(平成29年改訂版)中学校美術科

あーとん

教員免許の取得を目指している大学生さんでも難解だと口にするので、ちょっと難しいかな、とは思うんだの。

現役の先生たちは、これを日々使っているので、知っている言葉も多くて理解できるんだの。

 

美術の評価はどう変わるの?

 

今までの美術の成績は、以下の4つの項目でつけられていました。

  • 美術への関心・意欲・態度
  • 発想と構想の能力
  • 創造的な技能
  • 鑑賞の能力
うんうん。通知表にも「AABB」とか、4つついてた!

アルファベットが「評価」で、数字が「評定」だったよね。

びーさん

そうなんだの。令和3年度から新しい「学習指導要領」に変わることで、評価は3つに変わるんだの。

あーとん

 

新学習指導要領の評価

美術の評価は3つの観点に変わります。

  • 知識及び技能
  • 思考力、判断力、表現力等
  • 学びに向かう力、人間性等

 

3つになって少なくなったように思えるかもしれませんが、実は考え方がそもそも変わっています。

例えば、今までの「鑑賞の能力」が「鑑賞の中でも思考や判断や表現が必要な内容」(自分はどう感じたのか、どうしてそういう考えに至ったのか など)と、「鑑賞の中でも知識が必要な内容」(その作品が制作された時代の背景や、作者についての知識、技法についての知識 など)に分かれていく、というイメージです。

なんかもう、難しすぎなんですけど…

びーさん

あーとん

重要なのは「本質は変わっていない」ということなんだの。

美術の授業で学ぶことを、ただの「授業の中だけ」ではなく生活と結びつけてほしい…というのは、令和2年度までの学習指導要領と同じです。

身につけた他教科の知識や、生活の中で「美しいな」「すてきだな」「好きだな」と思ったものを、より深めたり見つめたりしていきましょう、というところは変わりません。

 

[PR]

新学習指導要領で評価が変わるのはいつから?

 

先行実施校は、平成30年度から

新学習指導要領(新しい評価)が始まるのは、実は全国の学校が同時ではありません。

あーとん

美ゼミにもコメントで「もう評価が変わっているんですが」というものがあったんだの。

これがどういうことか説明すると…新しい評価や授業内容が、試験的に先にスタートさせられた学校がある、ということです。

「先行実施校」と言われており、全国が一斉に評価が変わるのに先駆けて平成30年度(2018年度)から開始されています。

 

 

全国統一の開始は令和3年度から

全国的に実施されるのは、令和3年度(2021年度)からです。

じゃあ2020年段階の通知表の美術の項目に「知識・技能」が入っているのは、先行実施校なんだね。

びーさん

あーとん

そういうことなんだの。

新学習指導要領に合わせた、新しい教科書の使用が開始するのも、令和3年度からです。

それまでの先行実施校は、以前の教科書を、新しい評価項目に合わせながら工夫して使っている、ということです。

あーとん

ちなみに小学校は、令和2年度(2020年度)から、新しい授業や評価に変わっているんだの。英語が増えたりプログラミング教育が始まったりしているんだの。

 

[PR]

まとめ

 

今回は、令和3年度から開始の「新学習指導要領」はどんなものなのかをざっくり説明しました。

POINT
  • 学習指導要領というのは、教える内容の法律のようなもの
  • 先生によって微妙に解釈が違っても、大筋の目指すところは同じ
  • 評価の項目(ABCがつくもの)は4つから3つに減る
  • 実施されるのは令和3年度から(すでに始まっている学校は「先行実施校」)

成績の付き方が変わると思うと不安かもしれませんが、全然違うことになるわけではありません。

それぞれの学校の先生が説明をするはずなので、よく聞いて、分からないことは先生に質問して解決させましょう!

あーとん

新しいものは不安かもしれないけど、新しい教科書が見られるのは結構わくわくするんだの!大きさが変わる教科書や、地域によっては教科書の会社が違うところのものになる学校もあるので、配られるのを楽しみにしていての!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です