ピカソの「泣く女」ってどんな作品?アフリカ彫刻との関係は?【美の巨人たち】

あーとん

あーとんだの。今日は「新・美の巨人たち」のピカソ×爆笑問題・太田光…常識破りな男たちの饗宴(前編)について紹介するの!

 

2019年11月16日(土)に放送される
「新美の巨人たち」(テレビ東京)では、
世界一有名といっても過言ではない
ピカソが描いた傑作『泣く女』
太田光さんが迫ります。

 

まずはどんな内容なのか
公式サイトで確認してみましょう!

「アートで人生が変わった!」と題した2週連続特別企画≪パブロ・ピカソ×爆笑問題・太田光≫前編
▼91歳でこの世を去るまでに多くの作品を残した芸術家ピカソ。高校時代に感動という感情を失くしていた太田さんは、17歳の時にピカソの『泣く女』と出会い、表現の自由さを知り、感動が戻ってきたといいます。太田さんの心を揺るがした55歳のピカソが生んだ傑作はいかにして誕生したのか?
そして54歳の太田さんは一体何を思うのか?

<Art Traveler>太田光(爆笑問題)
新・美の巨人たち公式サイト

 

 

この予告から気になるキーワードを
抽出すると・・・

  • ピカソってどんな人?
  • 「泣く女」ってどんな作品?

 

 

 

あーとん

という事で世界で最も有名な画家であるピカソの紹介なんだの!
知ってるよ!よく分からない不思議な絵を描く人だよね

びーさん

あーとん

どの辺がよく分からないかの?
うーん、色とか形も変じゃない?なんでそう見えるの?って思う

びーさん

あーとん

そう、ピカソは物の見方を変えた人であり、ジョルジュ・ブラックと並び新しい絵画表現キュビズムの創始者なんだの

 

 

キュビズムってなに?

 

 

ピカソを語る上で
忘れてはならないのが
キュビズムです。

 

なになにイズムが絵の表現方法なのは覚えたよ!

びーさん

あーとん

ピカソジョルジュ・ブラック作り上げた絵画方法キュビズムで、キュビズムとはキューブ、立方体の事をいうんだの

 

20世紀に入り
絵画の世界は
見たままの印象にとらわれず
自由に描いた作品が増えて行きます。

 

あーとん

その先駆けとも言えるのが、前回紹介したゴッホなんだの

 

そんな中で
ピカソジョルジュ・ブラック
作り上げた表現が
キュビズムです。

 

〈ピカソ作 アヴィニョンの娘たち〉

 

なんだかすごく個性的!

びーさん

あーとん

ばっと入ってくる絵のインパクトが大きくて見落としがちだけど、よく観ると女性たちのポーズがおかしいのがわかるんだの

 

まずは
1907年ピカソが発表した
「アヴィニョンの娘たち」
これはピカソがアフリカ彫刻に
刺激を受け
100枚以上の練習を
繰り返して生まれた作品です。

 

〈アフリカ彫刻〉

 

言われてみれば似てる!右手前の女性とか、それっぽい!

びーさん

あーとん

ちなみにこの女性、実は背中を向けているのに顔正面を向いている、現実にはなかなかありえないポーズをしているんだの
えっ、後ろ向いてたの!?ここに文章

びーさん

 

何度も習作を繰り返すなか
モデルとなった女性達の
体の立体感が消え
奥行きや空間を表現する
遠近法が消え
色んな視点から見えていたものが
一枚に収まって
出来上がったのがこの作品です。

 

あーとん

繰り返すなかで最初は描いていた細かい表現がどんどん省略されて色んなものが単純な形になっいったんだの
女性かって言われるとちょっと迷うけど、人が四人居るのはちゃんと分かるし、なにかのポーズとってることは分かるよ

びーさん

あーとん

遠近法立体表現といったいままでの伝統をおもいっきりくつがえした作品なんだの

 

そして、このピカソの作品に
刺激を受けたのが
ジョルジュ・ブラックです。

 

〈ジョルジュ・ブラック作 レスタックの家〉

 

なんか、図形の集まり?これもピカソみたいに単純化したんだなってのは分かるよ

びーさん

あーとん

このジョルジュ・ブラックの作品見た人がキューブのようだと言ったのがキュビズムの始まなんだの

 

ジョルジュ・ブラックが描いた
「レスタックの家」

自然を円錐・球体・円筒に入れる

といった
セザンヌの言葉
簡単な形に置き換えた作品です。

 

〈立体の形〉

 

〈セザンヌ作 果物カゴのある静物〉

 

つまりキュビズムとは
形を省略し
立体を平面に置き換え
立体だと見えない
物の裏側や側面までも描いてしまう
見たままの形にこだわらない
絵画表現といえます。

 

形を簡単にして全部描いちゃえーって感じ?

びーさん

あーとん

うーん、ある意味ではそうだけれども、どちらかというと見えてる部分も見えない部分も一緒に描いちゃえーかの?

 

二人を始めとした
キュビズムの画家達
理想的な形を求めて
何が描かれているのかが
分からなくなるまで
分解や分析を続けたようです。

 

〈ピカソ作 カーンワイラーの肖像〉

 

 

〈ジョルジュ・ブラック作 ギターを弾く男性〉

 

 

 

あーとん

分からなくなりすぎて絵画という表現に行き詰まった時に、新聞紙や紙を張り付けるといった表現パピエ・コレに行き着いたらしいんだの

 

〈ピカソ作 ギター〉

 

〈ジョルジュ・ブラック作 果物皿とクラブのエース〉

 

うーん、この辺りになってくるとなんかわけわかんないね!

びーさん

あーとん

まぁ、つまるところ形は線の集合体で、三次元が立体二次元が平面一次元が線の世界というのを絵的にどう表現するかみたいな事だの
もう、観て楽しい絵ならなんでもいいや!

びーさん

 

 

ピカソってどんな人?

 

 

あーとん

所でびーさんは、ピカソ本名がものすごーく長いのを知ってるかの?
そんなに長いの?

びーさん

あーとん

ピカソの本名は
「パブロ・ディエーゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス、クリスピン・クリス・ピアーノ・ディ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ」
というひじょーに長い名前なんだの
想像以上に長かった!まったく覚えられる気がしない…

びーさん

あーとん

ピカソ自身も間違える事が多かったからしいんだの

 

 

名前:パブロ・ルイス・ピカソ
生年月日:1881年10月25日
出身地:スペイン
死没:1873年4月8日(91歳)
活動拠点:フランス
表現実績:絵画・彫刻・版画・舞台芸術
ムーブメント:キュビズム・シュールレアリズム

 

ピカソ
1881年スペインの生まれ
生涯で約15万点もの作品を手掛けた
偉大な天才画家です。

 

じゅ、じゅうごまん点って、長生きした人だとは思うけど、途方もない数だよね!

びーさん

 

学芸員であった父の影響もあり
幼いころから
絵を描いていたピカソですが
15歳の頃にはすでに
素晴らしい大作を描いています。

 

〈科学と慈愛〉

 

えっ、すごく上手だよ!なんか全然違う!

びーさん

あーとん

ピカソがキュビズムで形崩せたのは、子供のころからつちかったデッサン力があったからだといわれているんだの

 

ピカソの作風は大きく
◯◯の時代という風に分けられ
有名なところだと
7~11の時代に別れます。

 

あーとん

ピカソは作風の変化が激しいことでも有名な画家なんだの

 

まずは
親友の自殺にショックを受けた
若いころに作品
青の時代(1901~1904年)

〈海辺の母子像〉

 

恋人もでき
絵が売れ出した時期でもある
ばら色の時代(1904~1906年)

〈パイプをもつ少年〉

 

そして
アフリカ彫刻から影響を受け
キュビズムへと進む
キュビズム時代(1908~21年)

 

あーとん

余談だけど、ピカソはかの有名な「モナ・リザ」盗まれたとき容疑者の一人として警察に連行されてるんだの
えぇぇ!?

びーさん

あーとん

もちろん犯人は別にいて、ピカソは全くの無関係だったんだの
ち、ちなみに犯人は?

びーさん

あーとん

ルーヴル美術館のスタッフの一人で、盗まれてから二年後に見つかってるんだの

 

〈モナ・リザが盗まれた当時の写真〉

 

友人達の出兵や
ルネッサンスやバロックといった
古典作品に触れた事、
そしてなにより最初の
オルガ・コクローヴァ
「私を描くとき私と分かるように描いて」
という鶴の一声がきっかけの
新古典主義時代(1917~25年)

〈オルガの写真〉

 

〈安楽椅子に座るオルガ〉

 

〈海辺を走る二人の女性〉

 

妻への不満や
シュールレアリズムへの興味
強い時代
シュールレアリズム時代(1925~36年)

〈三人の踊り子〉

 

〈鏡の前の少女〉

 

 

あーとん

ピカソの最初の奥さんは綺麗なものが好きだったのもあって、ピカソの絵に対してはあまり理解がなかったんだの
うん、新古典主義時代の頃からピカソの絵に我慢できない感じすごく出てるよね

びーさん

あーとん

そんな中でピカソが新しく出会った女性がマリー・テレーズ「鏡の前の少女」のモデルなんだの
……もしかして、ピカソもつっこんだら負けな芸術家あるある?

びーさん

あーとん

残念ながら奥さんであるオルガとは別れていないままお付き合いしているんだの
やっぱりー

びーさん

あーとん

詳しく書かないけれど、ピカソの女性関係はかなり酷いんだの

 

マリー・テレーズ
モデルとした作品は数多く
ピカソのモデルとして
有名な一人でもあります。

〈夢〉

 

そして
第二次世界大戦の前後の時代、
晩年の時代へと続いていきます。

 

〈ゲルニカ〉

 

〈接吻〉

 

あーとん

そして今回紹介する本題とも言える「泣く女」1937年ピカソの新たな恋人、写真家のドラ・マールをモデルにして描かれた作品なんだの
また新しい女の人の名前が出てるー

びーさん

 

 

 

泣く女ってどんな作品?

 

 

 

〈泣く女〉

 

今回ご紹介する「泣く女」
1937年に描かれた作品です。
先ほどあーとんの話にあったように
ピカソ恋人の一人
写真家のドラ・マール
モデルとした作品です。

〈ドラ・マールと猫〉

 

恋人の一人

びーさん

あーとん

残念ながら奥さんのオルガ、先に紹介した恋人マリー、そして新たな恋人ドラ。全員とも同じ時期にお付き合いしてるんだの
ひぇぇ、リアル昼ドラじゃん!

びーさん

あーとん

本当にその通りで、ピカソが恋人達をわざとアトリエで鉢合わせるように招待させた話は結構有名なエピソードなんだの
なんだろう、どんどん好感度が下がっていく

びーさん

 

ピカソは良くも悪くも芸術家で
言い争う二人の表情を
観察していたといわれています。

 

もしかしてこの作品もその一つ?

びーさん

あーとん

ピカソ曰く、ドラはよく泣く人だったらしいの
そりゃ泣かせるよね!

びーさん

 

実はこの「泣く女」
「空に叫ぶかのように泣く女」
「目玉が飛び出るほど泣く女」など
100種類以上の
バリエーションがあり、
同時期に描かれた
ピカソの有名な壁画「ゲルニカ」
にも登場しています。

 

〈ゲルニカ〉

 

ピカソは泣く女性好きだったのかな?

びーさん

あーとん

あかちゃんが泣くと疲れて眠ってしまうのは、泣く事事態がすごくエネルギーを使うことだからなんだの。きっとピカソは女性の泣く姿にもの凄くエネルギーを感じていたんじゃないかなと思うんだの
確かに、この女の人はすっごく悔しそうっていうか、怒ってるようにも見えるし、そう考えるとエネルギッシュな作品だよね!

びーさん

あーとん

だてに喧嘩を観察していたわけじゃないんだの

 

ピカソの作品は
子供の絵のようだ
よく言われていますが
ピカソ
子供のように描くため
何枚もの練習を繰り返し
作品を作り上げて来ました。

 

えっ、わざとこんな風に描いてたの?

びーさん

あーとん

ピカソ子供が描く絵に、先入観や価値観にとらわれない、見たまま、感じたままを描いていると、一種の憧れをもっていたんだの

 

「泣く女」
あえて子供が描くような作風
奇抜とも言える色を使うことで
泣く理由や
泣くことで生まれる感情を
表現しているのです。

 

あーとん

ピカソは、今までの伝統を習った上で、形や枠組みにこだわる事をやめ、自らの理想を突き詰めた画家なんだの
私生活は残念すぎるけどね

びーさん

あーとん

まあ、それも含めてピカソ、ってことなんだの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です