岡田三郎助(おかださぶろうすけ)を解説!絵画と女性の関係は?【日曜美術館】

あーとん

あーとんだの。今日は「日曜美術館」「洋画に日本画の魂を~画家・岡田三郎助~」について紹介をするんだの!
前に教えてもらった作品「豆腐」も油絵を知ってもらおうからだったよね

びーさん

あーとん

そうだの。江戸から明治へと時代が移っていくころは、日本の絵画にも大きな変化があったんだの

 

2019年6月8日(土)に放送される
「洋画に日本画の~魂を画家岡田三郎助~」(NHK)では、
今年生誕150年となる
洋画家・岡田三郎助をご紹介。

女性のライフスタイルさえ変えた
と言われるその画業に迫ります。

 

まずはどんな内容なのか
公式サイトで確認してみましょう!

今年生誕150年となる佐賀県出身の洋画家・岡田三郎助。5年間のフランス留学で、洋画の技法を学ぶと同時に、日本美術の良さを再認識した岡田は、帰国後、会得した洋画の技法で着物姿の日本人を描く。その彫りが深く西洋風の女性像は、多くの女性の心をとらえ、やがて活動的な女性のライフスタイルを生み出すことにつながったと言われる。「西洋と和の融合」を信条に多くの傑作を残し、大正から昭和をかけぬけた生涯に迫る。

引用:日曜日美術館公式サイト

 

この予告から気になるキーワードを
抽出すると・・・

 

  • 岡田三郎助ってどんな人?
  • 女性のライフスタイルを生み出すきっかけってなに?

 

あーとん

番組でも紹介されていたけれど、改めて岡田三郎助(おかださぶろうすけ)のプロフィールも紹介するの。

 

 

岡田三郎助ってどんな人?

 

名前:岡田三郎助 (おかださぶろうすけ)
生年月日:1869年1月22日
死没:1939年9月23日
活動拠点:日本
活動時代:明治~昭和
表現実績:洋画家

 

岡田三郎助は佐賀県の出身。

洋画を目指したきっかけ
同じく佐賀県出身
画家・百武兼行(ひゃくたけかねゆき)の油絵でした。

 

あーとん

ちなみに百武兼行(ひゃくたけかねゆき)は、日本人で初めて油絵で裸の女性の絵を描いた人とも言われているんだの

 

「百武兼行 臥裸婦」

 

 

油絵に興味をもった岡田三郎助は
曾山幸彦(そやまさちひこ)
画塾に入学し、

その後、パリから帰国した
黒田清輝(くろだせいき)の元で洋画を学びます

 

こちらが、岡田三郎助が
洋画を学んだ2人の人物の作品です。

「曾山幸彦 試鵠図(しこくず)」

 

「黒田清輝 湖畔(こはん)」

 

あ、「湖畔」って作品は美術の教科書で観たことあるよ!

びーさん

あーとん

黒田清輝は近代日本美術の開拓者とも言っていいぐらい重要な人物なんだの。そして元をたどると「豆腐」を描いた高橋由一の弟子の弟子でもあるんだの
凄いね!こうやってみていくと、人と人ってつながっていくんだね!

びーさん

あーとん

つながるで言えば、岡田三郎助はパリに留学して黒田清輝の留学先の先生であるラファエル・コランにも弟子入りしているんだの

 

「ラファエル・コラン 詩」

 

「ラファエル・コラン 楽」

 

パリからの帰国後
東京芸術大学の先生となった
岡田三郎助は

1907年の東京勧業(かんぎょう)博覧会
出品した作品で1等賞を受賞
三越呉服店の宣伝ポスター
もなりました。

 

あーとん

ちなみに勧業(かんぎょう)博覧会とは国内の産業を発展させ、海外へ輸出していく商品を生み出すために色んな物を集めたコンテストなんだの

 

「岡田三郎助 某婦人の肖像」

 

岡田三郎助の作品だね!ここまで長かったね!

びーさん

あーとん

今回は江戸から明治への絵の変化や、人から人へのつながりも知って欲しかったのもあって他の人の作品もたくさん紹介したんだの
そういわれてみたら「湖畔」辺りから何て言うんだろう、作品が柔らかくなった?感じがする。油絵にしては薄い?あわい?

びーさん

あーとん

岡田三郎助の作品はどう思ったんだの?
そうだね、写実!っ感じはするけど、「豆腐」の紹介の時に教えてもらった「花魁」より柔らかい感じがするかな

びーさん

 

「高橋由一 花魁」

 

びーさんの言うように
モデルに泣かれてしまったという
エピソードを持つ
高橋由一の「花魁」と比べて
岡田三郎助の女性像は
どこか柔らかい雰囲気ですね。

 

あーとん

岡田三郎助の美人画の特徴でもあるぱっちりとした目元ふっくらした唇は日本の今までの美人像に変化をもたらしたんだの

 

 

女性のライフスタイルを変えた画業とは?

 

江戸時代までの美人といえば
浮世絵にあるような
つり上がった細い目に
小さなおちょぼ口といった
イメージでした。

 

「喜多川歌麿 寛政三美人」

 

岡田三郎助や黒田清輝といった
画家達がヨーロッパから持ち帰った作風
日本に新しい感覚を生む
きっかけとなりました。

 

あーとん

岡田三郎助は日本初めての美人写真コンテストの審査員もしているんだの。その時宣伝で描いた作品がこれ

 

「岡田三郎助 ダイヤモンドの女」

 

あーとん

この作品が女性達が読む雑誌に紹介されて広まったのもあり、今までと違った美人のイメージができあがったんだの
雑誌やテレビで特集されると「今の流行ってそうなんだー」みたいに思っちゃうもんね

びーさん

あーとん

ある意味で流行を作った人なんだの

 

ちなみにこのコンテストでの
優勝写真の女性
どことなく岡田三郎助が描いた
絵に似ていませんか?

 

「日本美人帖 末弘ヒロ子」

 

あーとん

他にも岡田三郎助が描いた着物は実際に百貨店で売られていたものであったり、岡田三郎助が集めた物であったんだの
着物は日本の大切な文化だもんね!

びーさん

 

「あやめの衣」

実際の着物

「支那絹の前」

実際の着物

 

 

また岡田三郎助は
女性への洋画を教えるため
教育にも熱心に取り組んでいます。

 

あーとん

現在の女子美術大学で先生をしたり、自宅のアトリエで絵を教えていたり女性の生活と根強く関わっていた人なんだの

 

「深沢紅子(こうこ) 縞のブラウス」

 

「三岸節子 盾をもった武士」

 

「いわさきちひろ 花の精」

 

いわさきちひろさんは絵本で見たことあるよ!お弟子さんだったんだね

びーさん

あーとん

江戸から明治・大正・昭和・平成・そして令和と知らないだけで少し調べてみると意外な所で人はつながっていくんだの

 

それでは最後に
岡田三郎助の作品
いくつか紹介していきたいと思います。

 

「少女読書」

 

「裸婦(らふ)」

 

「桃の林」

 

「ムードンの夕暮」

 

「大阪行幸諸潘軍艦御覧」

 

当たり前だけど美人画だけじゃないね!

びーさん

あーとん

人気があるのはやっぱり美人画なんだの。色んな美人画が出てくるからお気に入りの一つを探してみるのも面白いかもしれないんだの

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です