クリムト展の混雑ピークや空いてる時間は?グッズも紹介

あーとん

美ゼミへようこそ!あーとんだの。

あーとん

今日は、東京都美術館で開催されている『クリムト展』の混雑状況についての情報をお届けするの。

『クリムト展 ウィーンと日本 1900』は
上野の「東京都美術館」で開催されています。

会期は、
2019年4月23日(火)〜 7月10日(水)。

夏休み前に終了ということなので
会期に注意したいですね。

 

展覧会基本情報

『クリムト展 ウィーンと日本 1900』

  • 会期:2019年4月23日(火)〜 7月10日(水)
  • 休室日:6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)
  • 開室時間: 午前9時30分~午後5時30分
    ※金曜日は午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)
  • 会場:東京都美術館 企画展示室
    〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

さて、この展覧会で気になるのは
混雑情報です。

何時頃に訪れる方がいいのか、
確認しておきましょう。

 

※作品の詳細はこちらの記事をどうぞ

クリムト作『ユディトⅠ』を解説!描かれている男性は誰?【新美の巨人たち】

 

[adlink] [PR]

 

混雑状況や待ち時間は?

『クリムト展』は
実は東京での開催の前に
フランス・パリで開催されていた
展覧会です。

 

パリでの開催時は
ご覧の通り、建物の外にまで
長蛇の列ができていました。

びーさん

やっぱりフランスは芸術への興味が深いのかな〜

あーとん

いやいや、日本での展覧会も、人気のものは毎回長蛇の列ができているんだの。

例えば、2019年の展覧会で言えば
『ムンク展』がディズニーランド並みの
待ち時間ということで、話題になっていました。

 

東京都立美術館をはじめ、
上野にある美術館は

他の美術館よりも混雑する傾向にあります。

あーとん

「上野」という場所の美術館は、行き慣れている人が多いのもあるかもしれないの。

ムンク展は最大で170分待ちなんてことも
ありましたが、今回の『クリムト展』は

“叫び”に比べると知名度が低いためか
2019年5月時点では
ほとんど待たずに展覧会を
見ることができていたようです。

 

公式アカウントでも、
時間単位で待ち時間をツイートしています。

これを見る限りですと、

  • 開館直後
  • お昼過ぎ(13時前後)

の2つの時間帯で
比較的混雑する傾向があるようです。

ピーク時を避けたい人は
15時〜16時すぎがおすすめのようです。

 

びーさん

こんなに待ち時間が少ないならそんなに心配しなくてもいい気がするけど・・・

あーとん

展覧会はたいてい、会期終了が近づくにつれて混んでいくものなんだの。今はほとんど待たなくていいものが、おそらく7月に入ると一気に混むようになるんだの。

7月に入ってからの“長蛇の列”の場合、
炎天下で待つことが予想できますので
日傘や飲み物の用意は欠かせないですね。

[adlink] [PR]

クリムト展のグッズの種類や値段は?

今回の『クリムト展』で
もう一つ話題になっているのが
関連グッズです。

公式サイトにも
掲載がありますが

せっかくなのでいくつかご紹介します。

びーさん

ポストカードやクリアファイルは基本だよね!

あーとん

そういう、毎回の展覧会で用意されているグッズはもちろんあるんだの。今回は『クリムト展ならではのグッズ』がなかなか面白いんだの。
・金色のふせん

クリムトの絵がケースになっている
おしゃれな仕上がりですが

なんと、金色の付箋です。

どんなシーンで使うのか
悩んでしまいそうです。

 

・缶バッジ、ハンカチ

こちらは割と定番でもあります。

身近なところで作品を
実用化できるので、ちょっとした
お土産にもよさそうです。

 

・デミタスカップ&ソーサー

クリムトの出身地・ウィーンといえば
名物がウィンナーコーヒーです。

そのため、出展作品をモチーフにした
デミタスカップとソーサーを
用意したということです。

絵柄は以下の4種類です。

  • ユディトⅠ
  • アッター湖畔のカンマー城Ⅲ
  • ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)
  • 赤子(ゆりかご)

 

・こんぺいとう

“消え物”のお土産を
好む人におすすめなのが、
この金平糖です。

クリムトの金色をイメージした
円形の缶に入っているのがかわいいですね。

作品の小さなシールがランダムで1枚
入っているということなので
お土産としても喜ばれることでしょう。

1,000円という、
美術館土産としては割と手頃なのも
嬉しいところです。

 

・金のゼリー

SNSで人気なのが、
“金のゼリー”です。

キラキラした金色のゼリーが
クリムトの世界観にぴったりです。

味は意外とトロピカルな
パイナップル味とのこと。

びーさん

ハチミツ味かと思った!

 

・クリムトさん人形

なんと、クリムトさんご本人も
グッズになっていました。

これを使って
“インスタ映え”して遊ぶアカウントまで
できていました(笑)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です